ダイエットが続かない方に。成功した私が教える5つの習慣【再現性あり】

こんにちはミトロンです。

『よし!ダイエットするぞ』と意気込んで始めてみたけど、3日坊主、、、こんなことありますよね。

ちなみに過去の私も挫折と失敗ばかりでした。時には【飲むだけで痩せるサプリ】を飲んでみたり、ランニングシューズを買ったけど、部屋のオブジェになってしまったり。

しかし5つの習慣を意識することでダイエットが継続できて、6ヶ月で約-10kgダイエットに成功することができました。

この記事を読むと、ダイエットが続かない方が習慣を意識するだけでダイエットが継続しやすくなる習慣がわかります。

目次

習慣その1・気が済むまで食べる

えっ??って感じですよね。でも書いた通り【気が済むまで食べる】ことです。ただし、【気が済むまで食べる】日を決めることが重要です。よく言われるのが【チートデイ】っていう言葉ですね。

私の場合は月曜〜金曜まではかなりストイックにダイエットをしていましたが、土曜と日曜に好きな物を好きなだけ食べることにして、土日のチートデイに向けて平日は頑張りました。金曜の夜になると土日に何を食べるか決めるだけでワクワクしていました。

ダイエットをされる方は色々な目標があると思います。

例えば目標体重を決めたとします。でも目標体重には長く、辛い道のりが待っていますよね?そんな長く、辛い道のりを休憩無しで走り抜けられる方は中々いないと思います。なので、まずは一週間頑張れたら自分にご褒美や3日間頑張れたら自分にご褒美など、まずは小さな成功体験をしてください。

ダイエットが続かない方は成功体験をしないで挫折する方が多いと思いますので、小さな成功体験がいずれ大きな成功につながります。

習慣その2・ダイエットする日は徹底的にやる

私の場合チートデイ以外の日は徹底的にダイエットに集中しました。

例えば砂糖が少しでも入っているコーヒーは飲まない、飴も舐めない。ダイエットを頑張った自分に毎日ご褒美をあげるのが一番よくないです。ダイエットに集中する日は集中する、食べる時は気が済むまで食べる!ダイエット期間中は食生活にメリハリをつけましょう。

習慣その3・悪い習慣をやめる

習慣って意外とやめるのが難しいですよね。しかいダイエットに悪い習慣は、ダイエット成功には非常に邪魔者です。

例えば毎日帰宅した後のビール。私もお酒が好きで、特にビールが好きなので最高に幸せを感じる瞬間です。ただ、これってダイエット中だとかなり危険です。ビール自体に糖質が含まれていることもありますが、酔うと脳が勝手に『炭水化物と塩分を摂取しなきゃ!』となります。なぜかと言うとアルコールを分解するのに糖質を必要とするのと、利尿作用で体内と塩分濃度が下がり塩分を摂取しようとします。そこで我々の脳が迅速かつ美味しく糖質と塩分を摂取しようとして選ぶのがラーメンです。みなさん飲み会の締めでラーメン食べたくなりませんか?あれって脳が合理的にラーメンを選んでいるんです。しかもラーメンには脂質が含まれているので舌でも美味しいと感じます。私はラーメンは一種のドラックのような物だと思っています。

あとは晩御飯を食べたらアイスを食べる、お昼ご飯を食べたらスイーツを食べる、3時におやつを食べるなど、食べても太らない方は問題ありませんがこの記事を読んでいるということはダイエットをしたい方だと思いますので自分の普段の習慣を改めて考えてみましょう。

習慣その4・必ず食べる前に栄養素を見る

以前の私は栄養素など気にせずバクバク食べていましたし、気付けば20歳くらいの時に人生最大の105kgという体重を記録しました。当時は糖質や脂質など気にせずに食べていたので最高においしかったです。では今同じ物を食べたら105kgの時の自分より1.5倍おいしいと感じます。なぜかというと、普段気にして食事をしていると高カロリーの食事を自然と食べなくなり、たまに食べる高カロリーの食事が1.5倍おいしく感じます。

なので、普段食べていたおいしい高カロリーの食事を食べられなくなるのが悲しいのではなく、たまに食べるからよりおいしく食べられる!と思うようにすると自然と高カロリーの食事を食べることが減ります。

あわせて読みたい
マクロ管理法って?6ヵ月で-10kgに成功した私が詳しく解説します
マクロ管理法って?6ヵ月で-10kgに成功した私が詳しく解説しますこんにちはミトロンです。ダイエット方法のひとつである【マクロ管理法】色々なダイエット方法がある中で食事管理法として代表的です。筆者はマクロ管理法で6ヵ月で-10k...

習慣その5・食後15分の休憩

以前の私は腹10分目まで食べて満足していましたが、ダイエットをしていく中で腹7分目で箸をおき、15分休憩をする生活にしました。

すると、最初は物足りない感じがしていたのですが段々慣れていくうちに腹7分目でも満足できるようなり、腹10分目時より食後の眠気や体のダルさが少ないことに気付きました。

満腹虫垂は少し遅れてくる為、腹10分目まで食べるいると実際は腹12分目くらいの事が多いです。なので腹7分目で一回自分のお腹と相談する習慣を意識しましょう。

まとめ

  • 食べるときは全力で食事を楽しむ
  • やる時は徹底的にやる
  • 悪い習慣を見つめなおす
  • 食べるときは必ず栄養素をチェック
  • 自分のお腹と相談する

長々と書きましたが、最初は1つだけでもいいので私が書いた習慣から『自分でもできそうだな』と思える習慣を実践してみて下さい。

この記事をここまで読んで頂けたのあれば、きっとダイエットを成功させたいと思っている方だと思います。最初は辛いですが、慣れてしまえば習慣化できますし自分で苦労した経験はあなたの一生の財産になり、あなたの健康を一生サポートしてくれます。

コメント

コメントする

目次
閉じる