30代でダイエットに挑戦、成功して本当によかったこと【実体験です】

こんにちはミトロンです。

ダイエットをしようか迷っている方、本当はダイエットした方がいいのは分かっているけどなかなか最初の一歩を踏み出すことって勇気がいりますよね?

私はダイエットを始める前まではこんなこと考えでした。

  • いざダイエットを始めても三日坊主だし
  • 今まで好きな時に、好きな物を、好きなだけ食べていた生活を捨てるのが嫌だ
  • 実際痩せてところで何か変わるの?

以前の私もダイエットする為に大大大好きな【食べること】を我慢するくらいならダイエットなんてする必要ないと思っていました。しかし、ダイエットに成功した今は考え方が180°変わりました。

この記事ではダイエットをしようか迷っている方の最初の一歩を踏み出す手助けのなればと思い、私がダイエットをしてよかったことを書きます。

目次

ダイエットをする前の私

まずダイエットをする前の私の話からしようと思います。

私は赤ちゃんの頃からミルクをよく飲む子供だったそうです。親は医者から『これ以上ミルクの量を増やさないで下さい』と言われたそうで、小さい頃から体は大きかったそうです。

幼稚園の時に持病の手術で二回入院したのですが、病院食が嫌いで親に病院食を食べさせて私は買ってきてもらったご飯を食べていましたし、今思うとその頃から肥満でした。

小学校から高校まで順調に食べ続け、社会人になると食欲に拍車がかかりました。晩御飯を食べたのに友達にラーメンを誘われて食べに行ったり、外食すればチキンステーキとドリアとライス大盛りとお腹がはち切れそうになるまで食べまくりました。

その結果20代前半で体重は105kgを記録しました。その後は年齢と共に徐々に食欲は落ち着いたものの90kg前半の体重を推移していました。

ダイエットしようと思ったきっかけ

そもそも私がなんでダイエットをしようと思ったのか。

それはトレーニングをしている友達が『トレーニング一緒にしない?』という一言でした。最初はなんとなくダンベルとトレーニング用のベンチを買ってトレーニングしていましたが、いまいち効果が感じられずいましたがある日『筋肉にはタンパク質がいい』ということを知りそこで【マクロ管理法】という食事管理の方法と出会いました。

今思うと【マクロ管理法】という食事管理法を知らなければ私のダイエットは成功することはできませんでした。マクロ管理法を取り入れながらトレーニングをしていたのですが、マクロ管理法の『自分の食事を自分で管理できている』という面白さにハマってしまいトレーニングはやめてマクロ管理法ダイエットに専念することにしました。

あわせて読みたい
マクロ管理法って?6ヵ月で-10kgに成功した私が詳しく解説します
マクロ管理法って?6ヵ月で-10kgに成功した私が詳しく解説しますこんにちはミトロンです。ダイエット方法のひとつである【マクロ管理法】色々なダイエット方法がある中で食事管理法として代表的です。筆者はマクロ管理法で6ヵ月で-10k...

ダイエットしてよかったこと

ダイエットをしてよかったことはたくさんあります。

洋服を自由に選べる

ダイエットに成功するまでは洋服を買いに行っても『この服かっこいい!』と思って手に取ってみてもXLしか着れないのにLまでしかない。『このジーパンおしゃれじゃん』いざ私のサイズを試着するとなんかシルエットが違うしウエストでサイズが決まるためももはぶかぶか。『やった!セールやってる!』残ってる服のサイズは着れるけどデザインが微妙などなど洋服選びは楽しむというより、【消去法】の連続であまり楽しいものではありませんでした。

でも今は何となく入った洋服屋さんでいいデザインの洋服があれば買えますし、以前はXLがある服から探し始めていたのが『このデザインならタイトに着たいからMサイズだな』とか『このトレーナーならちょっとゆったり着たいからLにしよう』など洋服選びが楽しくなりました。

ダイエットする前はちょっとデザインが微妙な服も着ることがありましたが、今は自分が本当に満足できるファッションができるようになったので洋服選びも楽しいですし、自分に自信を持つことができるようになりました。

健康な体になった

ダイエット前→ダイエット後(2020年10月20日現在)

体重 85kg→72.6kg(-12.4kg)

BMI 27.7(肥満1度)→23.4(標準体重)(-4.3)

体脂肪率 27%→20.7%(-6.3%)

半年に及ぶダイエットで各数値は標準まで落とすことが出来ましたし、毎年憂鬱だった健康診断が毎年の自分の発表会みたいな感じで楽しみになりました。

そして何より嬉しかったことが以前は持病だった腰痛が定期的に襲ってきていたのですが、ダイエットに成功してからはほぼ0にまでなりました。これは本当に良かったです。

妻に言われたのですがイビキが激減しました。

最後は自分に自信が持てたこと

以前の私は、飽き性三日坊主めんどくさがりチャレンジ精神0、とまさにダメなタイプの典型でしたし、運動勉強ゲームどれをとっても人並み以下。唯一料理だけは食べることが大好きなので胸を張って得意だと言えることでした。

しかしダイエットを成功することができて『自分も継続して頑張れば何か出来るんだ』という感覚を人生で初めて体験することができました。

まとめ

洋服を自由に選べる自由や健康な体はもちろん嬉しかったです。

でも私が一番ダイエットをして良かったと思うことは『継続することの重要性』そして『継続することができた自分への自信』です。

何か目標を決めた時それは高い壁に見えます。でも実は高い壁ではなく、長い階段です。自分の足で一歩づつ上ってみると最初は高く見えた壁も意外に登れます。階段の途中の景色も今まではとは違う景色が広がり、階段のてっぺんから見る景色は今まで人生で見たことない素敵な景色です。

私もダイエットという長い階段を登り切り、てっぺんから見た景色は人生で見たことの無いとても素敵な景色でした。

『エレベーターやエスカレーターを使えばいいじゃん』という人がいるかもしれません。でも自分の足で一歩づつ、苦労して、辛くて、辞めたい気持ちも我慢して上った景色だから価値があるんです。そして自分の足で上った全ての階段に意味があり自分への自信となります。その自信は自分を裏切ることなく一生傍にいて自分の事を応援してくれます。

こうして記事を書いている私も新しい事に挑戦しています。この記事がダイエットをしようか迷っている方の後押しになることを願っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる